ド素人がプランターで野菜づくりを始めてしまう

野菜

今年はカンカン照りで気温が高かったり、大雨で川が決壊したり、巨大台風が襲来して物が飛ばされたり、地震で山が崩れたりと災害がニュースを駆け巡りました。直接、災害の被害に合わなくても庶民には冬の食物の価格が高騰するというイメージが湧きました。

更には来年の消費税増税と食べていくのに何か手を施さないと楽にはならないだろうと思い素人ながら野菜づくりを始めてみました。母親に話を聞くと苗から育てた方が楽だと聞きましたがコスト削減を目指すならとタネを買ってきて種まき用のポットと土を買ってきました。

今は野菜用と土を買うにも書いてあるので何も迷うことがありません。畑で作るなら土作りからしないと駄目なんだろうなぁと考えながらポットに土を入れ適当にタネを分散させて蒔き水をかけること2日間土から可愛らしい芽が出てきました。

昔、お爺さんが野菜を作っていると育てた作物が愛おしくてなってくるよと言っていたのを思い出しました。自分は今、小さな芽が土を押し退けて出てくるのに感動してお爺さんの気持ちが少し分かったような気がしました。

母親にその事を報告すると芽が出てくるのは当たり前とそっけない返事をされて凹みましたが自分の中では絶対にちゃんと育てて食べてやろうという意気込みが産まれました。更に数日経つとポットから芽がヒョコヒョコと現れてきました。

タネの袋には発芽率85%と書いてあったので少し多い目にタネを蒔いたのですが100%の発芽率でした。ここで問題があるのは間引きをしないと駄目ということです。折角生えてきたのにそれを抜かねばならないという葛藤が産まれました。

しかし、狭いベランダでのプランター栽培ですので限度があります。泣く泣く生えてきた芽の半分を抜く作業をしました。これから先多くの困難が出てくると思いますがしっかりと手を入れて育てていきたいですね。

ただ自分の性格ですと色々と道具を揃えたり肥料も良いのを与えたりとかしてスーパーで売られている野菜の値段<自分で野菜を育てる価格となり赤字になりそうな気がしますが健康に良いだろうと頑張っていく所存です…。